将来計画火星衛星探査機 MMX

火星衛星の起源や火星圏の進化の過程を明らかにすることを目的とした火星探査機。火星の衛星のひとつ、フォボスを周回・観測し、サンプルを採取して地球に帰還することを想定している。2020年代前半の打ち上げを目指し開発を進めている。

赤外線宇宙望遠鏡 SPICA

MMXは、2020年代前半の打上げを目指し開発が行われている火星衛星探査機です。
火星は、フォボスとダイモスと呼ばれる2つの衛星を持っています。MMXは、地球から打上げ後、約1年をかけて火星圏に到着し、火星周回軌道へ投入されます。その後、フォボスの周回軌道(QSO)に入り、フォボス観測・サンプル採取を行います。観測と採取を終えたMMXは、サンプルを携えて地球に帰還するというシナリオを描き、検討を行っています。

MMXの研究開発によって、火星圏への往還技術や天体表面上での高度なサンプリング技術、さらには新探査地上局を使った最適な通信技術と、これからの惑星や衛星探査に必要とされる技術の向上も期待されます。

MMXの探査によって、火星衛星の起源や火星圏(火星、フォボス、ダイモス)の進化の過程を明らかにし、太陽系の惑星形成の謎を解く鍵を得ることができるかもしれません。

機体データ

名称(打上げ前) MMX(Martian Moons eXploration)
開発の目的と役割 ・火星衛星の起源を明らかにし、太陽系の惑星形成の謎を解き明かす
・火星圏(火星、フォボス、ダイモス)の進化の過程を明らかにする

・火星圏への往還技術の獲得
・天体表面上での高度なサンプリング技術の獲得
・新探査地上局を使った最適な通信技術の獲得