宇宙航空研究開発機構 ISASサイトマップサイトマップ

TOP > 活動内容 > ロケット > 衛星打上げ用ロケット > L-4S-5

衛星打上げロケット L-4S-5

L-4Sロケットの5号機は、1970年2月11日、日本で最初の衛星を地球周回軌道に送りました。この衛星は、ロケット発射場のある大隅半島の地名に因んで「おおすみ」と名付けられました。

L-4Sロケットは、ミュー(M)ロケットの衛星軌道投入技術を検証するために計画されたもので、4段式の全段固体推進剤ロケットです。しかし軌道投入の成功までには数々の困難に出会い、日本初の人工衛星が軌道に乗ったのは5度目のトライアルでした。初の衛星「おおすみ」の重さは24kg、地球周回軌道は長楕円で、近地点350km、遠地点5140kmでした。

「おおすみ」は加速度と温度計しか搭載していませんでしたが、その後の日本における宇宙科学の発展への道を拓いたのでした。

L-4S-5ロケットによって打ち上げられたミッション

機体データ

    第1段 補助ブースタ 第2段 第3段 第4段
全長 m 16.522 5.772 8.141 4.067 1.104
重量(点火時) kg 9399.0 1005.0 3417.6 943.1 111.0
重量(燃焼終了時) kg 4507.0 381.0 1562.5 394.9 23.05
推進剤重量 kg 3887.0 624.0 1845.0 547.5 87.95
質量比   1.982 2.187 2.388 4.816
比推力 sec 215.0 220.0 242.9 249.3 254.0
重心位置(点火時) % 59.0 52.9 63.0 61.8 64.5
重心位置(燃焼終了時) % 43.2 54.3 49.6 44.8 55.7
慣性能率Ix(点火時) kg,m,sec2 79.89 25.48 3.52 0.259
慣性能率Iy(点火時) kg,m,sec2 16192 1259.4 99.71 0.436
ネット・ペイロード kg     6.6 36.3 7.62
グロス・ペイロード kg     7.6 96.1 8.42
最大直径 mm 767.0 310.0 767.0 548.0 483.0

関連リンク