研究教育職員(2017年11月1日現在)

氏名 斎藤 芳隆 准教授
Yoshitaka SAITO
学位 博士(理学)(東京大学、1997年)
研究テーマ

科学観測用気球の開発とそれを用いた科学観測を行っています。気球には到達できる高さ、飛翔時間の制限がありますが、ここ数年、従来の限界を大きく打ち破る気球が誕生しつつあります。この研究を進め気球の可能性を広げてゆくことと、科学観測実験での実用化が将来の課題です。

自己紹介

もともとは気球を使った硬X線天体観測を行っていたのですが、縁あって気球本体の研究に携わることとなりました。この仕事では非常に幅広い分野の研究者の方と一緒に実験を行うことができ、異なった視点からのお話が聞けることが楽しいです。昼休みは手のひらサイズの気球の航跡予測、制御の研究(あるいはソフトテニスともいう)を熱心にしていることが多いです。